ローン審査ガイド

ローン審査

住宅を購入するにあたって、ほとんどの人がローンを組みますよね。
でもローンって誰でも組めるわけじゃないから、ローン審査に通らないと、家の購入は難しいんですよね。このローンの審査には、色々と条件があるようですね。
その条件をクリアしないと審査で落ちてしまうことも・・。
だけど今はそれほど厳しい審査があるとはあまり聞かないし、よほどムリな借入でなければ、大体は通るんじゃないでしょうか。

年収と他の債務などを考慮して、これくらいなら負担がないという程度で借入して住宅ローンを組めば、審査にも通過しやすいでしょうね。
返済にムリがあることと、仕事が不安定なことが、審査に落ちやすい要素じゃないのかな。
芸能人などは、売れたらそれこそものすごい収入になるけど、売れなければ生活も危うくなりますよね。

そんな浮き沈みの激しい世界にいる人って、やっぱローンを組む時の審査も通りにくくなるんでしょう。
ただ芸能人なら、貯蓄でいきなり一軒家を購入することも可能なくらい、売れている時は儲けることができますからね。
ローンは組めないけど、現金で払える可能性も高いということで、ローンはあまり必要ないのかもしれないなあ。
売れていなければどっちにしろ収入が見込めないので、審査で落ちてしまうだろうし・・。

一般人と違って、ただローン審査というのではなく、売れたらガッツリ稼げて一軒家を現金で購入できる可能性が十分にあるということで、強みはありますよね。
普通のサラリーマンの場合には、コツコツ働いて頭金を貯め、足らない分を住宅ローンで補い、ローンの支払いで余裕のない生活を強いられて・・という状態が何年も続くんですよね。

もしその間にリストラでもされたら悲惨なことになっちゃいますね。
一生地道に働いて、やっと普通の生活を手に入れらるというのが、芸能界と関係のない人たちの世界ですよね。
華やかさには欠けるかもしれないけど、住宅ローンを払い終わった後の達成感は、かなり味わえるだろうなあって思います。

生活が苦しければ苦しいほど、その達成感もハンパないものでしょうね。
庶民のシアワセって、そういう達成感も込みの、ささやかなシアワセなんでしょう。
何十年もかかって住宅ローンを完済する、それもまた仕事のモチベーションになりえるんじゃないかな。
家を買って生活を守るということが何よりも大事だし、少々無理してでもそれを成し遂げていけば、少しは人間としての自信にも繋がっていくんだろうなあ。

 

関連リンク

ローン審査ガイド
ローンの審査には、色々と条件があるようですが、今はそれほど厳しい審査があるとはあまり聞かないですね。よほどムリな借入でなければ、大体は通るんじゃないでしょうか。
フラット35を利用して最長35年
親子リレー返済の返済期間はフラット35を利用して最長35年です。その為定年間近でも親子リレー返済により、子に住宅ローンを引き継ぎますので、住宅購入をし住宅ローンを申請することが出来ます。
一部繰上返済と約定返済日は一緒でなくても返済することが出来る
一部繰上返済と約定返済日は一緒でなくても返済することが出来、残りの残債の一括繰り上げ返済を行うことも出来ます。繰り上げ返済はメリット面が非常に多くぜひ活用したい所ですが、一方で、返済の仕方により、生活に支障をきたす場合もありますのでご注意ください。
実質年率20%以上で借りていた人や、返済を始めて4年以上経過している人
過払い金発生は実質年率20%以上で借りていた人や、返済を始めて4年以上経過している人が発生してる事があり、必ずしも過払い金が発生しているというわけではありません。その為ややこしい計算も必要になりますが、自分で過払い金請求をすることも出来ます。
審査が甘かったり、思ったより融資額も多い場合は、注意
広告などに貸金業登録番号と財務局の許可が表示されていなかったり、携帯番号で表示されている場合は、闇金融業者と見なし、絶対に借り入れを行わない事が重要です。
どのような金利でどうローンを変動していくか
インターネットなどで無料でローンシュミレーションすることが出来、ハウスメーカーのホームページ、銀行のホームページ上でも無料でローンシュミレーションすることも出来ます。
クレジットカード利用者の信用情報を利用する
支払可能見込額調査の出し方は、まず、クレジット会社が、指定信用情報機関が提供するクレジットカード利用者の信用情報を利用する事から始まります。他のクレジット会社の債務があるか、そしてその返済状況はどうであったかを調査します。
勤務先や住民表を置いている役所で入手
年収証明書類の入手法は勤務先や住民表を置いている役所で入手することが出来ます。年収証明書は住民税納税通知書か住民税納税証明書、そして支払い総給与額が表示されている源泉徴収票を提示します。
一括返済するための元金額も約定日までに準備
元金一括返済と約定日は同じ日となりますので、毎月利息を支払いつつ、一括返済するための元金額も約定日までに準備しなければいけません。
Copyright 2011「ローン審査ガイド」All Rights Reserved.